親鳥はエイジングシートで生まれ変わる!

エイジングシートを使った親鳥のご提案


ある企業さまへのご提案をさせていただきました。

注目した食材は、親鳥(通称_廃鶏)

親鳥とは、採卵を目的とした鳥のことで、生まれてから120日くらいで卵を産み始め、1年半で300〜400個程度の卵を産むと言われています。その卵を産まなくなった役目を終えた鳥のことを言います。その親鳥は、旨味は強いのですが、身が硬くあまり焼き物には向いていないので、ガラスープや肉団子などの加工品に再利用されることがほとんどです。


この親鳥を美味しく食べることはできないのか?

7日間で生まれ変わる


衛生的に処理を施し、除菌した親鳥にエイジングシートを巻く。


熟成期間 7日間


本来であれば3日程度で味わいに影響が出て饐えてきてしまいます。

その倍以上の日数を寝かせることができればそれだけ熟成が進み、味わいや食感にも影響が現れます。


加工品が主で安価な親鳥


この親鳥をエイジングシートすることでまた新たな価値を生み出し、幅広い商品展開が可能です。


発酵鶏として生まれ変わり、ステーキ、スープ、サラダチキンなどなど


展開の仕方は様々。


試食も含めたプレゼンをさせていただき、プロジェクトを立ち上げたいとお伝えしました。


参加者の方々は皆興味津々で、試食も様々感じていただけました。


今後の展開が楽しみ



#発酵熟成

#熟成鶏

#エイジングシート

#発酵スープ

logo_edited.jpg
shunjyukusei_rogo.jpg
  • Facebook
  • Twitter
SINCE 2016     Copyright © MEAT EPOCH.CO.,LTD. All Rights Reserved.